建築実績

泉佐野市 H様邸

HOUSE / 2018

POINT

とにかく「バリアフリーで将来メンテナンス費用がかからない家にしたい」というのがH様の強いご要望でした。
まず、バリアフリー対応として構造規格寸法をメーターモジュール(通常は尺モジュールが多い)にし、車椅子でも通りやすく設計。廊下の手すりなども慎重に検討を重ねました。 
将来のメンテ不要対策として、床材・建具を無垢材にしました。無垢材はメンテがかかるという印象があるようですが、よく採用されている合板に表面をビニールシートで化粧をした床・建具だと将来剥がれたり薄くなったりとメンテがかかる事も多いのです。また壁・天井はクロスではなく珪藻土と桐板で施工。
また、地震対策に制震装置を、花粉症対策に第一種熱交換型換気システム(高性能フィルタ―付)を採用されました。

DATA

所在地:大阪府泉佐野市
主要用途:専用住宅
階数:木造2階建て
敷地面積:218.87㎡
延べ床面積:145.00㎡
次へ >